【最新SSAT対策情報】SSAT試験とは?試験概要~申込方法まで徹底解説

SSATとはSecondary School Admission Testの略で、主にアメリカやカナダの高校に入学する際に使われるテストですが、その他の多くの国でも実施されており、毎年70000人以上が受験していると公式ページでは発表されています。
日本ではボーディングスクールへの進学のためにSSATの対策を必要とする方がいますが、大学への出願に必要なSATと異なりSSATの情報は少なく、SSAT対策の教材も国内出版されているものは殆どないため、どのような試験でどのような対策が必要なのか情報を集めるのは容易ではありません。
この記事では情報を集めている方のための参考になるよう、SSATの試験概要と申込・受験方法まで詳しく解説していきます。
目次

SSAT試験の種類

SSAT試験にはレベルによりElementary Level、Middle Level、Upper Levelの3種類の試験があります。
種類対象
Elementary LevelG3〜G4年生用(小学3年〜小学4年)
Middle LevelG5~G7年生用 (小学5年〜中学1年)
Upper LevelG8~G11年生用 (中学2年〜高校2年)
中学に進学する際にはMiddle Level、高校に進学する際にはUpper Levelのスコア提出が必要となります。

SSAT試験の試験概要

それでは、多くの方が必要とするMiddle Level及びUpper LevelのSSAT試験概要を見ていきましょう。
以下の表はSSAT公式ページ(https://www.ssat.org/testing/about-the-test)にある試験概要になります。
試験時間は3時間10分とかなりの長時間になります。
スクロールできます
セクション試験内容問題数時間配点
Writing Sample採点は無し。出願先でライティング力見るために使われます。125
Break10
Section 1Quantitative(数学)2530
Section 2Reading4040
Break10
Section 3Verbal6030
Section 4Quantitative(数学)2530
Section 5Experimental1615
※Experimentalでは全てのパートの問題が試験的に出題されますがスコアには影響しません。
パート総問題数試験時間合計配点
Quantitative(数学)5060分800点
Reading(読解)4040分800点
Verbal(言語)6030分800点

日本で受験できるSSAT試験の種類と受験方法

アメリカとカナダ以外の国では、MIddleまたはUpper LevelのSSAT試験が実施されています。
受験方法は2通りあり、1つは「Paper-based test」でもう1つは「Computer-based test」になります。それぞれの試験日や試験会場は異なりますので以下の公式サイトからそれぞれ試験を受ける事のできる会場を確認してください。

「Paper-based test」の試験会場は見つけるのはこちらから
「Computer-based test」の試験会場を見つけるのはこちらから
豆情報

実は試験会場を探すページはあまり使い勝手がよくありません。受験される殆どの方は学校などで説明を受けているので問題ないと思いますが、特にComputer-based testを受験するために初めてアクセスした方はなぜこんなに使いにくいのだろうと思うかもしれません・・・。

SSAT試験の受験申込み方法

SSAT試験の申込はWEB上の公式ページでアカウントを作りログインして行います。
申込までの流れは次のようになります。
STEP
SSATの公式ページでアカウントを作る

まずはご自身の生徒用アカウントを作成してください。公式ページはこちら

STEP
次にログインした状態で試験の登録を行う

いろいろと質問に答えながら先に進んでいくと試験の種類(paperまたはComputer)を選択するところで試験会場と試験日を選べるようになります。どちらを選択しても費用は同じなので、便利さや得手不得手で選ぶようにしてください。費用はかなり高額で、2022-23で320US$となります。ラッシュサービスなどのオプション(90US$)が追加されるとかなりの高額になります。

STEP
お支払い

最後まで進むとクレジットカードでのお支払いとなります。支払いが終わると入場券の印刷ができるようになります。

豆情報

公式ページでアカウントを作成すると、アンケート内容や自分のステイタスなどの情報を元にボーディングスクールからメールが来るようになります。また個人履歴の確認はもちろん、教材の購入やSSAT試験の問題演習、ボーディングスクールへの出願や問合せなどができて便利なのでとりあえずアカウントを作っておくと良いかもしれません。
ただし、スコアの発送設定などは保護者アカウントでないと行えないので、受験生本人のアカウントを作成する際に保護者アカウントも作っておくと便利です。

SSAT試験を受けた後は・・・

SSAT試験を受験後、およそ2週間ほどでスコアが発表されます。発表と同時にスコアは指定した学校に送付されます。
スコアはSSATの公式ページにおいていつでも確認する事ができます。
SSAT試験対策の塾・予備校をお探しなら 『KEdTech』 にご相談ください
各種英語試験対策やアカデミック英語対策オンラインレッスンの体験授業・受講相談はこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次