SSAT対策プログラム– SSAT –

目次

ケドテックのSSAT対策

ケドテックではSSAT UpperSSAT Middleの対策を行っています。
指導する講師は全員プロ講師。まだSSATを受けたことのない初心者の方からトップボーディングスクール、トップジュニアボーディングスクールを目指す方まであらゆるレベルの方に対応いたします。
また英語、日本語のどちらでも指導が可能です。
Infomation

SSATについて

SSAT(Secondary School Admission Test)は、主にアメリカやカナダの高校に入学する際に使われるテストで、年間70000人ほどの方が受験しています。
SSATには以下の3つのレベルがあります。
Elementary LevelG3〜G4年生用(小学3年〜小学4年)
Middle LevelG5~G7年生用 (小学5年〜中学1年)
Upper LevelG8~G11年生用 (中学2年〜高校2年)
主にジュニアボーディングスクールに出願する際はMiddle Level、ボーディングスクールに出願するにはUpper Levelのスコアが必要になります。

SSATの詳細についてはケドテックのブログページ、または公式サイトをご覧ください。

ケドテックで対策可能なSSAT

スクロールできます
受講目安対策できる内容
SSAT Middle英検2級程度※1Reading, Verbal, Quantitative(数学), Writing
SSAT Upper英検準1級程度※1Reading, Verbal, Quantitative(数学), Writing
※1 英語力が不明な方はレベルチェックテストの受験をおすすめいたします

Quantitative問題の英単語及び英文を日本語で学ぶ

Quantitative対策では、試験問題を使った実践的な対策だけでなく、英単語や問題文を日本語で詳しく解説する「Quantitative問題の英語を学ぶための授業」も行っております
こんな方におすすめ・・・
  • 日本の小・中学校で算数・数学は既に学習済みなので、Quantitative問題で出題される英単語や英文・問いの意味を中心に勉強したい
  • Quantitative問題で出題される英単語や英文・問いの意味を日本語で勉強したい

SSAT対策プログラムの料金

入学金:16,500円(初回のみ)
テキスト代:実費
対策内容時間授業料
SSAT対策60分13,200円
対策内容時間授業料
SSAT対策60分13,200円
※日本国内の方の料金は消費税込になります。

プライベートレッスン受講例の紹介

受講例 SSAT受験に向けて4月から9月までの6ヶ月間で対策したい
  • 海外ジュニアボーディングスクール在籍 G8
  • 現在のSSATスコアは2090(70th Percentile)
  • 目標は90th percentile以上
  • 準備期間は4~9月の約6か月

米国のトップボーディングスクールを目指す方に多い受講例です。G9で受験するSSATに合わせて準備される方が多いようです。
学校がある時期(4~6月と9月の16週間程度)は90分授業を毎週末に1回、時間の取れる夏休み(7~8月の8週間程度)は毎週90分×2回の授業を設定。
VerbalとReading中心に全てのパートの対策を実施

・受講時間数: 48時間(学校がある時期 16週間×90分(24時間)、夏休み 8週間×90分×2(24時間))
・費用: 入学金 16,500円 受講料 633,600円  合計 650,100円

SSAT対策受講実績(一部抜粋)

【 SSAT Upper 90% S・Aさん】約半年で70パーセンタイル→90パーセンタイルのスコアアップを達成!
スクロールできます
職業試験名受講前受講後期間レッスン数
中3SSAT Upper70%90%24週間57
米国ボーディングスクールに進学するためにSSATの勉強を始める。準備期間はおよそ半年。
2022年4月下旬に受験した本試験では70パーセンタイルという結果。
学校がある時は週に1回、学校が休みの時は週に2~3回受講。担当講師とスタッフが毎回授業の進捗を確認しながら、特に対策が必要なパートや分野を重点的に学べるようカリキュラムを構築。
約6カ月の受講でトップボーディングも狙える90パーセンタイルを達成。(2022年)
受講相談のお申込、お問合せはこちらからどうぞ。
※ご相談内容により英語力チェックテスト、講師との面談を行う場合がございます。
目次