デジタルSAT対策 短期集中プログラム申込受付中

【最新SAT対策情報】デジタルSATはどう変わる?2023年から実施されるThe Digital SATを詳しく解説

いよいよデジタルSAT(The Digital SAT)2023年3月から実施されます(日本国内)。
これまでの紙ベースのSATと何が変わり、何が変わっていないのか?
試験の内容や難易度、スコアやその出し方などに変更はあるのか?
対策はどのようにすればよいのか?
この記事では2023年以降にSATを受験する予定の方に向けて最新の情報をお伝えします。

デジタルSAT(The Digital SAT)の詳しい内容とMock Testが公開されました。詳しくはこちらの速報ページをご覧ください。
SAT試験対策の塾・予備校をお探しなら 『KEdTech』 にご相談ください
各種英語試験対策やアカデミック英語対策オンラインレッスンの体験授業・オンライン相談・お問合せはこちら
目次

旧SATとデジタルSATを徹底比較

まず以前のSATとデジタルSATの試験詳細を比較してみましょう。
2022年までの旧SAT(紙ベース):試験時間180分 1600点満点
スクロールできます
科目問題数試験時間
Section 1Reading52問65分
Section 2Writing and Language44問35分
Section 3Math (計算機無し)20問25分
Section 4Math (計算機あり)38問55分
スクロールできます
配点配点
Reading、Writing and Language800点
Math800点
※ReadingとWriting and Languageの得点割合は50:50
2023年から実施されるデジタルSAT:試験時間134分 1600点満点
Section 1
スクロールできます
科目問題数試験時間
Module 1Reading and Writing25問 + 事前テスト2問32分
Module 2Reading and Writing25問 + 事前テスト2問32分
Section 2
スクロールできます
科目問題数試験時間
Module 1Math20問 + 事前テスト2問35分
Module 2Math20問 + 事前テスト2問35分
スクロールできます
配点配点
Reading and Writing800点
Math800点
デジタルSATは以前のSATと比較して以下のような特徴があります。
  • デジタルSATの試験時間は1/3ほど短くなりました
  • 配点は全く同じですが、セクションは2つになりました
  • 試験はAdaptive Design Testになり、Module1の出来次第でModule2で出題される問題が変化します
  • Readingの文章が短くなり、短文1つに対して1つの問題という組み合わせで出題されます
デジタルSATではModule1の出来が良くないとModule2で出題される問題がやさしくなりますが、その分高いスコアが出なくなると予想されます。

詳しいSATの概要や申込方法については、こちらの記事で解説しています。
☞ 【最新SAT対策情報】SAT試験とは?試験概要~申込方法まで徹底解説

デジタルSATの試験内容はいつ発表される?申込はいつから?

College Boardのアナウンスでは、デジタルSATのフルサイズの練習問題が2022年秋に発表されという事になっています。この練習問題が発表されるとより具体的な試験内容を知る事が可能になります。(今現在サンプル問題などは公表されています)
また申込も2022年秋から始まる予定で、最初の試験は2023年3月に行われます。
なお、デジタルSATの導入はアメリカ以外の国では2023年から、アメリカでは2024年から導入される予定です。よって米国のボーディングスクールに通う方で2023年にSAT試験を受験する方はこれまで通り紙ベースのSATをアメリカで受験する事が可能です。

SAT試験公式サイト(College Board)で詳しい試験内容と練習問題が公開されました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

「【速報版:最新SAT対策情報】デジタルSATの詳しい問題内容や練習問題が公式サイトでリリースされました。」
SATの公式サイトはこちら

2023年は自分にあった試験形式を選択してSAT試験で高得点を狙おう

2023年のSAT試験は日本では紙ベース、アメリカではデジタルSATで受験する事になります。
試験を選択できる方は自分にあった試験を選択し対策をしましょう。日本国内で試験を受ける方は2023年からデジタルSATに切り替わりますので、早目に情報を集めて傾向と対策を行いましょう。
紙ベースのSATもデジタルSATも、しっかり対策を行って高得点を狙いましょう。

デジタルSAT対策 短期集中プログラムのご案内

2023年より日本で開催されるデジタルSAT(The Digital SAT)対策のための短期集中プログラムになります。
プログラムではデジタルSATになって何か変わったのか?どのような準備が必要になるのか?などを詳しく解説し、デジタルSATの問題を使って実践演習を行います。
この講座は次のような方におすすめです。
  • SATを受験したことがないのでどういうものか詳しく知りたい。
  • デジタルSATを受験する前に試験問題に慣れておきたい。
  • これまで行ってきたSAT対策で対応できるのか?難易度は変わったのか?どのように対策をしていけば良いのか?などを知りたい。

プログラム

プログラム①デジタルSAT対策 短期集中プログラム
受講時間90分×4回
スケジュール受講スケジュールは相談の上決定いたします

受講内容

「デジタルSAT対策 短期集中プログラム」では以下のような授業を予定しています。ただし授業進捗は受講生のレベルにあわせるため個人個人により異なります。
  • 紙ベースの旧SATと比較しながらデジタルSAT(The Digital SAT)との違いを解説
  • デジタルSATで必要となる対策について解説
  • デジタルSAT形式の問題を使って実践演習を行います
(注)テキストは主にCollege Boardで公開されいるPractice Testを使用する予定です
(注)授業は英語で行いますのでご注意ください

【受講に必要な英語レベル】
TOEFL60以上、IELTS5.5以上、またはこれらのスコア同等の英語力

受講費用

入学金受講料合計
16,500円(税込)52,800円(税込)69,300円(税込)
※テキスト代は不要です
SAT試験対策の塾・予備校をお探しなら 『KEdTech』 にご相談ください
各種英語試験対策やアカデミック英語対策オンラインレッスンの体験授業・オンライン相談・お問合せはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次