【イギリス大学留学】入学の方法は?合格に必要な6つの要素を徹底解説!

「イギリスの大学に留学を考えているけど、どうやったら入れるんだろう?」
「入学するために必要なものや学力レベルはどのくらい?」
異国の大学制度、わからないことだらけですよね。
日本の大学は4年制、イギリスは3年制など国も違えば、大学の制度も異なります。

日本と大きく異なる点は、日本の高校を卒業しただけではイギリスの大学に直接入学が難しい点ではないでしょうか。また入試がなく、書類選考のみと日本とは制度がかなり異なります。

「じゃあどうすればいいの?」とお困りの方に、この記事ではイギリスの大学に入学するために必要な資格や書類などをご説明します。
気になる方はぜひご覧ください。
イギリス大学進学準備、英語試験・アカデミック英語対策の塾・予備校をお探しなら 『KEdTech』 にご相談ください
各種英語試験対策やアカデミック英語対策オンラインレッスンの体験授業・受講相談はこちら
目次

イギリスの大学は高校卒業と同時に入学できない?

イギリスの大学は、日本の高校を卒業後すぐに入学できるものではありません。

イギリスでは義務教育最後の2年間でA-LevelまたはIB(国際バカロレア)の資格を取得します。この2つの資格のどちらかがないと、大学には入学できないのです。

基本的にどちらかの資格を持っていないといけませんが、イギリス以外の国からくる留学生向けにファウンデーションコースという大学進学準備コースを用意しています。

大学入学に必要になるIBやファウンデーションコースについてご説明します。

1. IB(国際バカロレア)の取得

IB(国際バカロレア)とは、国際的に通用する大学入学資格のことです。
国際的に通用する人間になるようにカリキュラムが組まれています。
IB資格を持っていれば、IBを認定している世界中の大学に入学できるチャンスがありますよ。

日本でもインターナショナルスクールなど、一部の学校でIBが取得できます。
読者さんが中学生以下の場合、IBが取得できる高校への入学を考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみにイギリスの大学は、IBを持っている人を優遇しているようです。難関大学の一部では、IBでないと入学できないところもあります。

入学の可能性を高めたい方は、難易度は高いですがIBの取得を検討してみてください。

2. ファウンデーションコースの受講

難易度が低く、一番王道なのがファウンデーションコースという大学進学準備の授業を受講することです。

ファウンデーションコースでは、約1年間をかけて英語はもちろん、レポートの書き方やディスカッションの方法などを学びます。生徒が大学の授業についていけるように制度を整えてくれているのです。

ファウンデーションコースの最後に英語力などのテストがあり、その成績によって大学に進学できるかが決まります。ファンデーションコースを受講しているからといって必ず進学できるわけではありません。

希望の大学にいけるよう、ファウンデーションコース中からしっかりと勉強していきましょう。

イギリスの大学に入学するために必要なもの

イギリスの大学には、日本のような一斉の入学試験がありません。書類審査ですべてが決まりますよ。イギリスの大学に入学するために必要なもの6つをご紹介します。

1. UCAS(願書)

UCASとは「Universities and Colleges Admissions Service」の略で、願書提出の総合受付機関です。大学に出願する際に必ず使用するツールとなっていますよ。大学やコースへの出願が5つまで可能です。UCASで大学のリサーチから出願、結果の確認までできます。

まずは自分のアカウントを作成し、個人情報や志望動機などの項目を埋めていきましょう。
毎年9月上旬にUCASのプラットフォームがオープンするので、9月になったらできるだけ早めにアカウントを作成することをオススメします。

2. 高校の成績表・卒業証明書

大学に入るためには、高校3年間の成績表や卒業証明書が必要になります。英語で書かれたものを用意しましょう。

ちなみに、大学の前にファウンデーションコースに通う場合にもこの2つの書類は求められます。在籍している高校に事情を話し、英文でも書類をもらうようにしてください。念の為2部以上用意しておくとよいですよ。

3. 推薦状

出願の際には、他者からの推薦状も必要となります。高校の担任や部活の顧問に書いてもらうケースが多いようです。内容が豊かな推薦文となるよう、あなたのことをよく理解してくれている人にお願いするとよいですよ。

もちろん推薦状は英文で書く必要があります。英文で書くのには時間がかかりますから、早めにお願いして推薦状を作ってもらいましょう。

4. 志望動機書

志望動機は、先程ご紹介したUCASのフォーム内で提出します。
UCAS上の志望動機書は大学ごとに変更できないため、注意が必要です。

自分がなぜこのコースを選んだのか、学びたいのかなど熱意が伝わるように書きましょう。
志望動機書は1000字以上4000字以内で書く必要があります。

9月のUCASオープン時にすぐに提出できるよう、事前に作成しておくとよいですよ。
英語の先生やネイティブの方に意見をもらって、理想の志望動機書を作成してください。

5. IELTSのスコア

留学生の場合、入学には英語力が必要となります。IELTS(アイエルツ)のスコア6.0以上が最低条件です。

IELTSは年に何回も受講できますので、練習をしてよいスコアをとっておきましょう。

ちなみに、大学進学準備ができるファンデーションコースではIELTS4.5以上が必要となっています。IELTS4.5は、英検でいう準2級・2級相当です。

IELTS4.5を満たしていない方は、ファンデーションコース以前に現地の語学学校に通うなどして英語力を高めることをオススメします。

6.IB (国際バカロレア)またはA-Levelの資格、ファウンデーションコースの受講歴

イギリスの大学に入学するためには、IB(国際バカロレア)やA-Levelの資格、またはファンデーションコースの受講が必要になります。

日本の一部の学校でもIBは取得できますが、難易度は高いです。すでに高校生の方はファンデーションコースの受講をオススメします。

生徒が大学の授業で困らないようにレポートの書き方やディスカッションの仕方などを教えてくれるので、ストレートで入学するよりも安心ですよ。

イギリスの大学に合格するのに必要なレベル

イギリスの大学に入学するために必要となる英語力は、IELTS6.0以上です。
学校成績は大学によって基準が異なり、明確にはなっていません。できるだけよい成績を修めておくとよいでしょう。

IBの資格を取得またはファウンデーションコースでよい成績を修め、かつ英語力が基準以上あればイギリスの大学に入学することができます。

目の前の授業を大切に、英語力を磨いていきましょう。

イギリスの大学に留学するにはいつから準備が必要?

イギリスの大学に入学するためには、長期間の準備が必要となります。
高校時代にIBを取得していない方は、日本の高校を卒業しただけではイギリスの大学に入ることはできません。

ファウンデーションコースを1年間受講し、その後大学へ行く流れとなります。ファウンデーションコースに入学できる英語力も満たしていない場合は、現地の語学学校に通うなどして英語力を高める必要がありますよ。

IB資格を持っておりストレートで入学する場合、大学の出願は9月からとなっています。大学によっては10月、11月に早めに締め切ってしまいますので、早めの出願が大切になりますよ。大学に入学したい前年の9月までに、基準値以上のIELTSスコアや志望動機書、他者からの推薦状などを用意しておきましょう。

イギリスの大学の入学方法を知って、入念な準備をしよう!

イギリスの大学は、日本の大学制度とは大きく異なるため戸惑いますよね。入試がある日本とは違い、イギリスの大学は書類審査のみで入学可否が決まります。
入学方法を理解し、しっかりと準備しましょう。

志望動機書や他者の推薦状など、英語にまだ自信がなく不安な方は、イギリスの入学に詳しい人や英語が得意な方に相談してみることをオススメします。

もし周りに相談できるような方がいない場合は、KEdTechでは試験対策だけでなく出願書類(志望動機書、エッセイなど)の添削指導も行っておりますのでお気軽にご相談ください。
イギリス大学進学準備、英語試験・アカデミック英語対策の塾・予備校をお探しなら 『KEdTech』 にご相談ください
各種英語試験対策やアカデミック英語対策オンラインレッスンの体験授業・受講相談はこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次