【カナダ大学留学】入学の方法は?学校の成績が良くないと留学は難しい?

広大な自然に囲まれ、治安もよく教育水準も高いため留学生に人気のカナダ。
語学留学は比較的たやすくできますが、カナダの大学へストレートで入学するのは難しいといわれています。

カナダの大学留学はどれほど難しいのか。また入学するためにはどのような書類が必要で、どれくらいの英語力や学校成績が必要なのか。いつから入学準備をすればいい?などカナダの大学に留学したい人が気になるポイントをお伝えしていきます。

大学へ留学を考えている方はぜひご覧ください。
大学進学準備、英語試験・アカデミック英語対策の塾・予備校をお探しなら 『KEdTech』 にご相談ください
各種英語試験対策やアカデミック英語対策オンラインレッスンの体験授業・オンライン相談はこちら
目次

カナダの大学に入学するために必要なもの4つ

日本の場合は、大学で一斉に入試が行われて合否が判断されますが、カナダでは全く違います。
当日の試験はなく、事前に提出した高校時代の学校成績や、作文(エッセイ)、TOEFLやIELTSなどの英語のテストなどの書類審査で合否が決まるのです。

一度のテストで決まるわけではない点では気楽ですが、その分長期間の準備が必要になります。思い立ったらすぐに行けるわけではありませんよ。一緒に必要書類をみていきましょう。

入学に必要な4つの書類を説明していきます。

1. 願書

アメリカのような共通願書はなく、その大学ごとに指定された願書に記入します。
以前は郵送のみでしたが、今はオンラインでの提出も増えてきているようです。

願書には、自分の氏名や生年月日等を記載します。
郵送の場合は時間がかかりますし、慌てて提出することにならないように早めに用意したいですね。自分の入学年でなくても、どういったものかは調べておくとよいですよ。

2. 高校の成績、卒業証明書

カナダの大学では、高校時代の成績やELTS、TOEFLの成績を重視します。
学校成績が重視されるのは、学校成績が学校での授業態度も反映しているからです。勉強だけできてもいけないということですね。

学業成績はGPAという各成績の平均値から算出されます。

GPAのことが知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

過去3年間の学業成績が数値に関わってくるため、付け焼き刃で最後の年だけ成績をあげてもなかなか難しいでしょう。日頃からよい成績をとるように心がけてください。

3. IELTSやTOEFLの結果

IELTSやTOEFLは、英語力を測るテストです。
受験者が大学の授業についていけるレベルの英語力を持っているのか、試しています。

・TOEFLの公式サイト(ETS)はこちら https://www.ets.org/toefl.html
・IELTSの公式サイト(日本英語検定協会(英検))はこちら https://www.eiken.or.jp/ielts/

IELTSの試験は毎月2回~20回程度開催されています。試験結果も5日程度ででるため、ギリギリでも受験できます。受験料は25,380円ほどです。

TOEFLは毎月3日~5日程度開催されています。料金はUSドルで245ドルほど。日本円にすると2022年7月時点で34,000円程度です。そのときの為替相場によって価格は変動します。もし余裕があれば、円高のときに受験したいですね。

TOEFLのテストは間隔を3日開ければ再受験できますし、テストは頻繁に受けられます。普段から勉強し、何回か受験してよいスコアをとっておくとよいでしょう。

4. エッセイ(学校による)

学校にもよりますが、エッセイを求められることがあります。
エッセイとは作文のようなものです。あるお題が与えられて、それについて文章を書いていきます。

お題は志望理由であったり、尊敬する人物であったりとさまざまです。普段から自分の思いを英語で書けるように訓練しておくとよいでしょう。

現地で書くわけではないので、書いたら英語の先生にチェックしてもらうのもよいですよ。どのようなお題がきても対応できるように、普段から色々な経験をしておくのもオススメです。

合格に必要な英語力・成績・課外活動は?

では、カナダの大学に入学するためにはどれくらいの成績や英語力があればよいのでしょうか。気になりますよね。
大学のレベルにもよりますが、おおよそこれくらいという数値をご紹介します。

1. 英語力

英語力は、IELTSやTOEFLのスコアで試されます。
IELTSは6.0~7.0以上、TOEFLのスコアは80~90が目安。
TOEFLの80点はTOEICでいうと900点前後のレベルです。

同じ英語圏のアメリカはトップ大学こそTOEFL100点近くを求められますが、普通の4年制大学は60点~と最低スコアはカナダより低いです。

カナダの大学へ入学するためには、高い英語力が必要となります。
それだけ、授業内容も高度なのでしょうね。

2. 学校成績(GPA)

カナダの大学で求められるGPAは、MAX4.0のところ3.0以上です。
この数値が高ければ高いほど、合格率は高くなります。

GPAが2.0台の場合、4年制の大学は厳しいかもしれません。他の英語力やエッセイ、その他スポーツや芸術で大きな功績があれば挽回もできますが、成績は高いほうがよいですよ。
2年制のコミュニティカレッジへ通って、そのあと編入する手段もあります。そちらも検討してみてください。

カナダ大学留学はいつから準備したらよい?

カナダへの大学留学準備は、いつからするべきか。気になりますよね。
だいたい入学の1年前から募集が開始されるため、それまでに準備しておきたいところです。

出願スケジュール

カナダの大学はそれぞれ出願期間が微妙に違いますが、9月から募集を開始するところが多いです。そして年明けの1月~3月に願書を締切る大学がほとんど。
願書は締切のギリギリに提出するのではなく、受付が開始されてから早めに提出した方がよいですよ。成績がよければ、9月に応募して12月には合格通知がくることもあります。

カナダの大学は基本9月はじまりですが、入学は学期ごとにできます。大学によりますが、1月入学や3月など、ずらして入学することも可能です。

しかし途中で入学すると馴染めない場合もあるため、できるだけ大多数の人と入学時期を合わせることをオススメします。

出願するための事前準備

出願が開始される時期までに、できるだけ必要書類をそろえておきましょう。
IELTSやTOEFLは、ギリギリに受験すると慌ててしまいます。早めに受験してよい点数を修めておきましょう。英語のレベルを高めておいて損はないですしね。

高校の成績も付け焼き刃で対応できるほどたやすくはないため、普段からよい点数をとれるように意識しましょう。

カナダの大学に留学するなら早めの対策を!

カナダの大学へ入学するための必要書類や英語力、学校成績についてご紹介しました。

カナダは留学先として人気が高い国。しかし大学へストレートで入学しようとすると、難易度はかなり高いです。

留学したいと思った瞬間から学校成績を意識して、英語力を高めていく必要がありますよ。
早め早めの準備を心がけましょう。

とくに英語のレベルはすぐにはあがらないものです。カナダの大学が求めるような、アカデミックな分野にも対応できる英語力を身につけるのには時間がかかります。

学校の授業や自力での勉強が難しいと感じたり、留学に不安がある方や、実践的な英語力を身につけたい方はぜひ当オンラインスクールにお問い合わせください。ご相談だけでも大丈夫です。あなたの留学のお手伝いをします。
大学進学準備、英語試験・アカデミック英語対策の塾・予備校をお探しなら 『KEdTech』 にご相談ください
各種英語試験対策やアカデミック英語対策オンラインレッスンの体験授業・オンライン相談はこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次